作業服を着る人が考えておきたい腕時計の使い方

会社で仕事をするときには作業服を着る人もしばしばいます。

スーツで出社して作業着に着替えて業務を行うという現場も多いですが、腕時計選びでかなり悩んでしまう人もいるでしょう。詳細→作業ズボン > ユニフォームタウン

スーツではなく私服で出社するというケースもあります。仕事のときだけ作業服を着る人はどのようにして腕時計を使っていくのが良いのでしょうか。

作業服のときには腕時計が欲しい

腕時計はファッションの中でも重要なポジションを占めるものです。スーツを着て通勤するのであればやはりスーツに合ったデザインのものを身につけておきたいという人が多いでしょう。スマートフォンやタブレットを持っているから時間は確認できると考える人もいます。

しかし、昔からスーツと腕時計の組み合わせはビジネスマンとして重要なものとして捉えられているので、自分のステータスに合った腕時計をつけておくのが賢明でしょう。会社では作業服を着る人にとって考えられる対策の一つとして、作業服に着替えたら腕時計は外してしまうという方法が考えられます。

しかし、仕事をしているときほど腕時計が欲しいと感じる人も多いでしょう。作業服が支給されるような現場では時間管理がしにくいことがよくあります。例えば屋外での労働が基本になっていて、自分で腕時計をしていなかったら時刻が確認できない場合もあります。

屋内で工場や研究所などで仕事をしているとシビアに時刻を気にしながら仕事をしなければならないことも珍しくありません。業務中はスマートフォンやタブレットなどに手を出せるほどの余裕がなく、手が空いていない状態で時刻を確認したくなる場面もあるでしょう。

腕時計を外すには合理的ではない現場が多いため、何らかの対策を考える必要が生じるのです。

つけたままだと起こり得るトラブルとは

それなら通勤の時につけてきた腕時計をそのままつけた状態で仕事をすれば良いと考える人もいるでしょう。しかし、作業服に着替えると様々なトラブルが生じる可能性があります。ファッションとしてスーツに合わせていると、作業服にはあまり合わないでしょう。

その点を我慢してしまえば大丈夫かというとそうではありません。スーツと違って作業服は袖が長めで閉じているものがほとんどです。仕事をして体を動かしていると袖が腕時計に当たってしまって傷がつく恐れがあります。

スーツの場合には袖が開いていて傷をつけてしまうリスクはほとんどないため、高級時計をしていても問題はないでしょう。しかし、その時計を作業服のときにもつけるようにしただけであっという間に傷が目立つようになってしまう可能性があるのです。

汚損のトラブルは他にもあります。仕事の性質上、力仕事をしたり、水回りの作業があったり、工場などで固いものが多い場所でたくさん動いたりすることが多くなりがちです。ふとしたときにぶつけたり濡れたりしてしまって美しい腕時計が台無しになってしまうという事態もあり得るでしょう。

別のトラブルとして考えられるのが紛失で、一生懸命に仕事に打ち込んでいたらいつの間にか腕時計がなくなってしまったというトラブルもないわけではありません。集中力を必要とする仕事をしている人には特にあり得る問題なので気をつけなければならないでしょう。

作業服に合っている腕時計はどんなものか

作業服のときにはスーツや私服のときとは少し違う考え方で腕時計を選ぶのが賢明です。作業服に合っている腕時計はどのようなものかをまずは確認しておきましょう。作業服のときには仕事に役に立つ十分な機能性があることが最も大切です。

水をたくさん使う仕事をしているなら防水性を重視し、傷がつくリスクが高い業務内容ならプラスチックなどの安価なものにしておくのが賢いと言えます。ストップウォッチ機能がついていると便利な現場もあるでしょう。スーツのときのようにファッション性やステータス性を重視しこだわりを持って身に着けることも大事ですが、同じ社内で労働環境を理解し合える同僚に囲まれて仕事をしていると考え、現場での効率性を重視するのが賢明です。

通勤の服装と作業服の両方に合う腕時計はあるのか

通勤の服装と作業服の両方に合っている腕時計があればそれがベストなのは確かです。しかし、なかなか両方にベストマッチするものは見つからない場合が多いでしょう。ある程度のステータス感があるものを選ぶと高級時計になってしまい、作業服で仕事をするときにはあまり向きません。

作業服に合わせてしまうとスーツと不釣合いで恥ずかしいと感じる人もいるはずです。自分なりには合っていると思っても、意外に他の人の観点からするとどの服装にも合っているというわけではなく、何となく妥協していると捉えられてしまいがちです。

通常の服装と作業服の両方に合うものはなかなかないと考えておきましょう。

腕時計を使い分けて解決しよう

このような状況があるため、対策として最も合理的なのは腕時計を使い分ける方法です。腕時計は一本しか持ってはならないわけではありません。シーンに応じて使い分けられるように何本でも持っていて良いのです。スーツ用、作業服用という形で二本手に入れておけば何も悩むことがなくなるでしょう。

私服用にも用意して、どんな時もベストな腕時計をつけられるようにしておくのが最も賢い対策です。特に作業服用のものはスーツ用や私服用に比べると安価なもので済ませられることも多いため、スーツ用や私服用の腕時計しか持っていない人は前向きに購入を検討してみましょう。

作業服を腕時計に合わせることは可能か

やはりお気に入りの腕時計があるから外せないという人もいるでしょう。そんな人は作業服の方を腕時計に合わせられるかどうかも検討してみましょう。会社として作業服が支給されていたとしても、その服を着るのが義務でない場合には他の服で働くこともできます。

また、作業服の種類も申し出れば選べる場合もあります。袖口が問題にならず、厚手の生地で腕時計を守ってくれるようなものを選べば傷がつく心配は少なくなります。さらにデザインもスーツに近い色合いのものを選ぶと雰囲気も会うようになるでしょう。

支給されている作業着を着るのが当たり前だと考えずに、会社に確認をとってみるのが大切です。そのような悩みを社員が持っているとは知らずにいるケースも多々あります。現場からの声が会社を改革する可能性もあり、同僚からも喜ばれる可能性もあるのです。